Disaster

防災工事

About

カネコーの防災工事について

建物において重要な改修必要項目として挙げられるものの1つが、「消防設備」です。
火災が発生したときに全ての消防設備が正しく作動しなければ、人命にかかわる重大な事故が起きてしまうかもしれません。
その為に工場や企業(ビル)、マンションやアパート、学校などの消防設備をリニューアル・改修工事をすることは、最優先事項と言えるでしょう。

Case

防災工事が必要な場合

消防署の指導により、改修工事が必要と指摘されたとき

点検時に、破損や不具合が見つかったとき

新築、内装の間取りや増築により、消防設備を新たに設置する必要があるとき

現在設置している消防設備が、消防法の改正により型式失効になったとき

Construction

工事内容

①消防設備改修

・消火器設備 
・スプリンクラー設備
・泡消火設備
・屋内消火栓、屋外消火栓設備
・粉末消火設備、移動式粉末消火設備 など

②警報設備

・自動火災報知設備  
・消防機関へ通報する火災報知設備
・ガス漏れ火災警報設備
・非常警報器具及び非常警報装置 など

③避難設備

・避難ハッチ、避難はしご
・誘導灯
・救助袋
・緩降機 など

④その他

・LED照明
・標識
・インターホン
・ガス容器弁 など

Contact

営業時間 8:30〜17:30
定休日 土・日・祝日

Business

事業案内

ページトップ

© Kanekoh Inc. All rights reserved.